公認会計士の資格取得の為の無料資料取り寄せ

公認会計士の資格取得の為の無料資料取り寄せ

公認会計士の資格取得の為の無料資料取り寄せ

 

公認会計士の資格取得

 

公認会計士は、会計に関わる仕事をする資格です。どんな業種の企業であっても会計という仕事は必要となりますので、公認会計士の需要は常になくなることはありません。

 

 

 

公認会計士の資格を持っていれば、財務諸表監査のような独占業務をはじめ、場合によってはコンサルティングなどの仕事を行うこともできます。

 

 

 

なにより公認会計士の資格を持っていれば、将来性や収入、社会的地位など確かなものが得られるとして人気があります。

 

 

 

公認会計士は医師や弁護士といった国家資格と並んで三大国家資格と言われているくらい、重要な資格です。

 

 

 

しかも、近年は公認会計士もグローバル化しており、国内だけではなく海外向けの業務も増えており、さらに幅広いフィールドで活躍することができます。

 

 

 

公認会計士としての資格を取得してキャリアを積んで行けば、年収1,000万円以上狙うことも可能な職業なので、高収入が期待できるのも魅力のひとつです。

 

公認会計士の試験

 

公認会計士の受験資格というものは特にありませんので、誰でも受験をすることが可能です。しかし、三大国家資格と言われるくらいなので、独学で学ぶのは非常に難しい資格です。

 

 

 

公認会計士の試験は、短答式試験と言って、年に二回実施される試験をまずクリアする必要があります。短答式試験は一度クリアすると、二年間は短答式試験の免除が認められています。

 

公認会計士の資格取得の為の無料資料取り寄せ

 

次に受けるのは論文式試験です。論文式試験では公認会計士になるための理解度を測る為、財務会計論・管理会計論・監査論・企業法・租税法・経営学・経済学・民法・統計学の中から必須科目と選択科目を選んでの受験となります。

 

 

 

これらの試験に合格すると公認会計士の資格を得ることができます。公認会計士の資格取得を目指すなら、通信講座または専門学校などでの学習が望ましいです。

 

公認会計士の講座

 

たとえば公認会計士の講座を行っているところには、累計合格者数が7,548名という実績を持つTACがあります。

 

 

 

TACの場合、受験する試験の日程に合わせた講座や、短答受験が必要な方と不要な方に分かれているコースもあります。

 

 

 

たとえば初めて公認会計士の資格取得を目指す方の場合、1年から2年かけて学習をするコース、すでに短答試験をクリアしている方は最短7ヶ月で論文試験のクリアを目指すコースなどです。

 

 

 

通学が難しい方は通信コースでの学習も可能で、自分のペースに合わせた学習を進めることができます。各コースの詳細については無料で資料取り寄せが行えます。
2017年現在