スタイリストは無料で資料取り寄せができる色彩系の資格取得が有利

スタイリストは無料で資料取り寄せができる色彩系の資格取得が有利

スタイリストは無料で資料取り寄せができる色彩系の資格取得が有利

 

スタイリストの資格取得

 

テレビ番組や広告媒体、イベントなどに出演する芸能人やモデルさんたちの服装や小物などファッションをコーディネートする職業であるスタイリスト

 

 

 

華やかな業界なのでファッションが好き、服飾関連の仕事に就きたいと思っている人であれば一度は憧れる職業です。このスタイリストという職業には専門の資格がありません。

 

 

 

ファッションセンスや時代の流れを敏感に捉えるスキル、また相手が想像していることを具現化する能力などが必要になる仕事なのですが、スタイリストという職業に就くために有利になる資格はたくさん存在します。

 

スタイリストに有利な資格

 

現在資格取得の情報誌やホームページなどでも無料で資料取り寄せが可能な色彩系の資格は、スタイリストになりたい人、またはスタイリストの卵には有利な資格になります。

 

 

 

色彩系の資格で最も有名なものはカラーコーディネーター検定と呼ばれる資格で、スタイリストの仕事に就きたい人のほとんどはこの検定の1級の資格取得を目指しています。

 

 

 

色彩系の資格となるとカラーコーディネーターの他に、服飾系団体から作られた色彩検定という資格もあります。

 

 

 

ただ、カラーコーディネーターのほうが難易度が高く、色の組み合わせのエキスパートという印象を与えられるため、スタイリスト達の業界では人気です。

 

スタイリストは無料で資料取り寄せができる色彩系の資格取得が有利

 

そのほかにもスタイリストになるために持っていたい資格として、ファッションビジネス能力検定やパターンメーキング技術検定があります。

 

 

 

ファッションビジネス能力検定は、ファッション業界に関わる流通や生産、マーケティングや企画などファッションビジネスに関わる知識が身につく資格なので、この資格を持っているスタイリストとそうでないスタイリストであれば、仕事をお願いする側から見て資格者のほうが信頼があります。

 

 

 

また、パターンメーキング技術検定はその名の通り、洋服を生産する際に必要となる各パーツの型となるパターンを作成するために必要な技術や知識を検定する資格になり、多くのスタイリストがこの資格を持っています。

 

 

 

 

仕事の内容によってはスタイリストがオリジナルでデザインした服を着てもらうこともあるため、パタンナーとしての技術や経験があるほうが仕事の幅が広がり、スタイリストとして成功する確率が高いのです。

 

 

 

スタイリストは企業に属している人もいればフリーで仕事を得ている人も存在しますが、どちらの場合でもファッションに関わるスキルや資格取得をしている人のほうが信頼が厚く、この道で成功する確率が高いと言えます。