無料で資料取り寄せをして専門学校や通信講座でファッションデザイナー関連の資格取得を目指そう

無料で資料取り寄せをして専門学校や通信講座でファッションデザイナー関連の資格取得を目指そう

無料で資料取り寄せをして専門学校や通信講座でファッションデザイナー関連の資格取得を目指そう

 

ファッションデザイナー関連の資格取得

 

ファッションデザイナーという職業は、アパレル関連の仕事に就きたいと考えているファッション好きの人であれば一度は憧れる職業です。

 

 

 

もちろん個人でフリーランスのファッションデザイナーとして活動している人もいますが、アパレル企業に属しているファッションデザイナーも多く存在し、そのほとんどがファッション系の資格取得をしています。

 

 

 

服飾系の専門学校でファッションについて学んでスキルも磨き、そこからアパレル企業に就職してその会社のファッションデザイナーとして出世した人もいれば、

 

 

 

昔からファッションが好きだったので働きながらでも通える服飾系専門学校や通信講座で勉強をして、アパレル企業に転職してファッションデザイナーになったという人も多く存在します。

 

ファッションデザイナー認定試験

 

様々なデザインの資格認定試験を行う日本デザインプランナー協会が主催するファッションデザイナー認定試験では、

 

 

 

ファッションの名称や歴史、機能面やファッションマナーまで幅広い知識を求められる検定試験で、この資格取得をしている人はファッション業界への就職が有利になります。

 

服飾インストラクター

 

またファッションデザイナー認定試験と並んで、アパレル業界で人気の高い資格が服飾インストラクターです。

 

 

 

ファッションの色使いや着こなし、デザインに関しての豊富な知識が必要になる認定試験なので、この資格取得をしていることが履歴書に載っていると、アパレル系の企業では優遇されます。

 

無料で資料取り寄せをして専門学校や通信講座でファッションデザイナー関連の資格取得を目指そう

 

ファッションデザイナーは感覚的なものやセンスももちろん重要ですが、企業に属しているデザイナー達にはそれ以上に一定の知識が必要になってきます。

 

 

 

最近のアパレル企業はひとつの会社に複数のブランドを経営しているところが多く、それぞれのブランドに専属のファッションデザイナーやパタンナーを配置しています。

 

服飾系の資格を取得

 

中途採用でブランド専属のファッションデザイナーに応募したいのであれば、これら服飾系の資格を取得しておいたほうが即戦力として考えられ、合格する確率が高くなるでしょう。

 

 

 

高校卒業後に服飾関連の専門学校に通ってこれらの資格取得をする人ももちろん存在しますが、現在は仕事に通いながらこれらの資格の勉強ができる社会人用の専門学校や通信講座も無料で資料取り寄せができ、気軽に入学、入門して勉強ができるようになりました。

 

 

 

ファッションデザイナーは公務員や医師などと違い、明確な国家資格などが無い職業なので、就職の際は服飾系の資格を有し、他人と差をつけたいところです。

 

 

 

ファッションデザイナーになりたいという夢がある人は、これらの資格取得をしておけば、将来転職するときに必ず役に立つことでしょう。