歯科衛生士の資格取得の専門学校選びは、無料で資料取り寄せをして見比べましょう

歯科衛生士の資格取得の専門学校選びは、無料で資料取り寄せをして見比べましょう

歯科衛生士の資格取得の専門学校選びは、無料で資料取り寄せをして見比べましょう

 

歯科衛生士の資格取得

 

歯科医院には欠かすことのできない人材である歯科衛生士。常に日本中に就職先があり、仕事に困らないため人気の資格になっており、資格取得者のほとんどは女性の職業です。

 

 

 

歯科衛生士は助手として歯科医の指示に従って治療のフォローをし、時には院内や学校の定期健診などで正しい歯磨き方法などの保健指導も行う職業で、国家試験を取得する必要があります。

 

 

 

ほとんどの歯科衛生士は歯科医院で働いていますが、他にも歯科大学の付属病院や市の保険所、大企業の保険健康管理室、介護老人ホームなどで働く場合もあります。

 

 

 

現在の歯科医院は虫歯の治療はもちろんですが、プラークコントロールなど虫歯や歯周病になる前のケアや予防などに力を入れ始めているため、虫歯や歯周病予防の知識があり、指導実績も豊富な歯科衛生士はこれからますます需要が高まるでしょう。

 

歯科衛生士の資格を取る

 

歯科衛生士の資格を取るには、専門学校、または大学の歯学部の歯科衛生士学科の単位を取得する必要があり、3年以上の学習を経て十分な単位を得た者のみが国家試験を受けられるのです。

 

 

 

歯科衛生士の国家試験の合格率は90%を超えており、医療系の国家試験の中ではかなり高い部類に入ります。

 

 

 

国家資格取得者の大半が高校を卒業して専門学校や歯科大学に進んだ人なのですが、中には社会人になってから夜間部の歯科衛生士の学校に通って資格取得をした人もいます。

 

 

 

夜間部の歯科衛生士の専門学校に通って資格取得を目指す人たちは、入学金や授業料を自分で支払っている場合も多く、様々な年齢層の生徒が通っています。

 

歯科衛生士の資格取得の専門学校選びは、無料で資料取り寄せをして見比べましょう

 

資格取得をすれば全国どこに引っ越すことになっても安定して仕事に就くことができるため、一度会社員などを経て転職先として歯科衛生士を目指す人も増えてきたのです。

 

 

 

現在全国の主要都市にある歯科衛生学科を持つ専門学校は、一般の昼間部部のほかに、仕事をしながらでも通える夜間部を設けているところがほとんどです。

 

 

 

国家試験を受けるには歯科衛生士の専門学校へ3年間通う必要があり、3年間での学費は夜間部でも昼間部でも平均して300万円前後になります。

 

 

 

入学金の時点で数十万円の支払いが発生するため、途中で学校を辞めてしまうと時間もお金もかなり損をしてしまうので、学校選びは慎重に行いましょう。

 

 

 

現在ほとんどの歯科衛生士の専門学校の資料取り寄せが無料で行えますので、駅や自宅から近く通いやすいという条件はもちろんですが、3年間の学費の総額や国家試験の合格率なども比較する参考にしてください。