医療機関で活躍できる理学療法士の資格取得を目指すなら、無料で医療系学校の資料取り寄せをして比較

医療機関で活躍できる理学療法士の資格取得を目指すなら、無料で医療系学校の資料取り寄せをして比較

医療機関で活躍できる理学療法士の資格取得を目指すなら、無料で医療系学校の資料取り寄せをして比較

 

理学療法士の資格取得

 

病院やリハビリ施設、介護施設などで活躍するリハビリのプロである理学療法士

 

 

 

理学療法士はPT、Physical Therapistと呼ばれ、怪我やマヒといった病気などで障害がある患者さんに対して、生活をするうえで基本となる立つ・座る・歩くといった動作を回復させたり維持させるリハビリを行うのが仕事です。

 

 

 

理学療法士は病院、診療所での就労が一般的ですが、そのほかにも訪問対応などのリハビリテーション施設や自治体が管轄している特別支援学校、障害福祉センターやスポーツ施設などでも需要があり、大物スポーツ選手に専属している理学療法士も存在します。

 

 

 

理学療法士はリハビリの専門家なので看護師とは違い夜勤がなく、全国で就職先に困ることがないため人気の職業なのですが、医療系のため国家試験で合格しないと資格取得ができません。

 

医療機関で活躍できる理学療法士の資格取得を目指すなら、無料で医療系学校の資料取り寄せをして比較

 

国家試験を受ける資格を得るためには医療系の大学や専門学校で3年以上の実習と就学が必要になり、ほとんどの医療系の学校には理学療法士の学科があります。

 

 

 

リハビリテーションは奥が深いので4年間の医療系大学で学ぶ人もいますが、早く資格取得をして社会に出てより経験を積みたいと考える人もおり、3年間の短大や専門学校も人気です。

 

 

 

そして最近はその仕事の安定度の高さから、会社勤めや主婦をしている人が転職を目的として学校に通い資格取得をする人も多くなり、夜間で学べる学校も多くなりました。

 

 

 

また理学療法士はパートタイマーで医療施設などで働く人も多く、理学療法士のパートは平均時給は2000円とかなり高めなので、主婦をしながらパートをしたりと資格を有効活用できる職業であることも人気の理由となっており、女性の割合も高く、受験者も年々増加しています。

 

理学療法士になる

 

理学療法士になるために3年以上の就学と実習が必要になりますが、専門学校や大学の学費は平均500万円と、看護師や臨床検査技師などの医療系資格よりも高めになっています。

 

 

 

国立や公立大学などで学べば学費はもっと安く設定されているのですが、それ以外の私立の学校では学費がかなり高くなっていますので、理学療法士を目指している人は奨学金を受けながら通う人も多く存在します。

 

 

 

理学療法士の資格取得のためにはかなり高額な学費が必要になってくる上に、平均合格率は70%台と高くはないので、理学療法士になりたいと考えている人は学校選びを慎重に行いたいところです。

 

 

 

夜間で勉強する事が可能なのか、実習などのカリキュラムは充実しているか、前年度の合格率はどのくらいかなど医療系学校は比較対象が多くあります。

 

 

 

私立の学校はほとんどが無料で資料取り寄せができるので、慎重に選ぶようにしましょう。