保育士は通信講座でも資格取得が可能。各種機関に無料の資料取り寄せをして自分に合った勉強方法

保育士は通信講座でも資格取得が可能。各種機関に無料の資料取り寄せをして自分に合った勉強方法

保育士は通信講座でも資格取得が可能。各種機関に無料の資料取り寄せをして自分に合った勉強方法

 

保育士の資格取得

 

近年都市部の待機児童問題などから保育士不足が深刻化されており、国も危機感を持って急ピッチで新しい保育園の建設などを進めており、保育士は常に足りない状態です。

 

 

 

そのため保育士の資格を持っていれば就職には困らないと言われており、現在フルタイムの正社員で保育士として働く人もいれば、子育てがひと段落した有資格者の主婦が、パートタイムなどで保育士として働く場合もあります。

 

 

 

保育士は資格取得をしておけば、働きたいときに正社員でもパートタイムでも働くことができるため、女性に適した資格であると言えます。

 

 

 

保育士とは0歳から6歳までの子供の保育を行い、預かる子供の両親に保育指導も行うことができる国家資格です。保育士は資格取得をした後に、各都道府県の知事に登録申請を行います。

 

 

 

その後で各都道府県の保育士一覧に登録され、その地域で働くことができる保育士証という免許の交付を受け取ることができます。国家資格である保育士として働くには、この保育士登録が必要です。

 

 

 

保育士の給与はとても安いことがニュースなどで取り上げられますが、実際に保育士の資格を持って働いている人の平均年収は約330万円と決して安すぎる金額ではありません。

 

 

 

また、公立の保育園に属して働く場合は公務員の扱いになるので、給与や福利厚生なども安定していると言えます。

 

保育士の試験

 

保育士の資格取得には厚生労働大臣指定の保育士養成の大学や短大、あるいは専門学校に通う方法と、年2回行われる保育士試験合格の二つが存在します。

 

 

 

厚生労働大臣が指定する保育士の養成学校では、決まった単位を取る事で、卒業と同時に保育士の資格取得ができます。

 

 

 

また年2回春と秋に行われる保育士試験は、短大や大学を卒業した人であればどなたでも受験資格があり、高卒の人は2年以上、中卒の人は5年以上児童福祉施設で働いた経験がある人が対象になります。

 

保育士は通信講座でも資格取得が可能。各種機関に無料の資料取り寄せをして自分に合った勉強方法

 

この保育士試験は平均の合格率が約2割と狭き門となっており、何度も受験をしてやっと資格取得をしたという人も多く存在します。

 

 

 

そのため、高校卒業後に保育士の学校に進学するのが一番の近道であると言えますが、社会に出てから転職や再就職などで保育士の資格を取得したいと考えている人は、試験対策の勉強が必要になります。

 

 

 

現在は保育士試験合格のための通信講座は様々な企業で行われており、授業料やテキスト代などはまちまちです。

 

 

 

各社の通信講座は、ほとんどのところが資料取り寄せは無料で行っていますので、複数の通信講座のカリキュラムや費用を見比べて、自分に合った保育士試験の勉強方法を探すことができます。