建築士の資格は通信講座や専門学校に無料で資料取り寄せをして、試験対策や資格取得の準備をしましょう

建築士の資格は通信講座や専門学校に無料で資料取り寄せをして、試験対策や資格取得の準備をしましょう

建築士の資格は通信講座や専門学校に無料で資料取り寄せをして、試験対策や資格取得の準備をしましょう

 

建築士の資格

 

建築士は1級建築士、2級建築士、木造建築士がありますが、どれも国家資格でかなり難関の試験だと言われており、実際に1級建築士では合格率が1割前後となっています。

 

 

 

そして建築士は試験を受ける条件も厳しく、学歴と実務経験の両方が要求されるのです。

 

 

 

まず高校の土木科や建築科を卒業した人であれば、3年の実務経験で試験を受ける資格が得られるのですが、建築系の学校を出ていない人が建築士の資格試験を受けようとすると、実に7年以上もの実務経験が必要になるのです。

 

 

 

また、実務経験と言っても建築現場で作業をする仕事だけでなく、建設会社や工務店などで設計や工事監督業を行っていない人は試験を受ける資格が得られません。

 

 

 

そして資格を得た受験者は、まず2級建築士の資格取得の試験を受ける人が多いのです。稀に大学や高専を卒業後実務を2年から4年ほど行い、1級建築士の資格試験に臨む人も存在します。

 

建築士の資格取得

 

試験を受けることは条件を満たしていれば可能ですが、とても稀なケースで合格率もかなり低いため、一般的には土木建築士や2級建築士の資格取得をして、さらに実務経験を積むのと同時に試験勉強の対策も行い、1級建築士を目指す人が多くなっています。

 

 

 

土木建築士は2階建てまでで面積が300平方メートルまでの木造建築物の設計、工事管理を行うことができる資格で、主に一般的な一軒家などを請け負います。

 

 

 

2級建築士になると階数は特に制限が無く、500平方メートルまでの建築物の設計、工事管理を行うことができるため、住宅だけでなく、ビルなどの建設も可能です。

 

 

 

1級建築士は高さや広さに制限が無く設計や工事監督などが行えるので、建築士としてキャリアアップしたいと考えている人はこの1級建築士を目指すのですが、かなり長い道のりになると言えます。

 

 

 

そのため1級建築士の資格取得をしている人は設計や工事管理のプロフェッショナルとして、自社や相手先からの評価が高くなるのです。

 

建築士の資格は通信講座や専門学校に無料で資料取り寄せをして、試験対策や資格取得の準備をしましょう

 

会社に属している1級建築士は、2級や木造建築士に比べて給与面で優遇されたり、会社の重要なポジションを与えられたりするため、昇進のために1級建築士の資格を狙っている2級資格取得者は多く存在します。

 

 

 

また、施工を依頼してきた相手先からの信頼も1級建築士の場合はかなり高いので、建物の安全性が重要視されている現在、1級建築士が持つ高い技術がより必要となっています。

 

 

 

1級建築士はとても狭き門ですが、まずは最低条件として2級建築士の試験に受かり資格取得をする必要があります。

 

 

 

2級建築士の場合、多くの通信講座の企業でも試験対策の講座を取り扱っており、無料で資料請求が可能です。

 

 

 

通信講座は働きながら建築士の資格取得が目指せるので、一度各社から資料取り寄せをして、カリキュラムや費用、合格率などを比較して、自分にあった講座を探してみると良いでしょう。