国家資格と民間資格の違いやそれぞれのメリットについて解説

国家資格と民間資格の違いやそれぞれのメリットについて解説

国家資格と民間資格の違いやそれぞれのメリットについて解説

 

国家資格と民間資格の違い

 

今回は数ある資格の中の国家資格と呼ばれるものと民間資格と呼ばれるものの違いやそれぞれのメリットなどについてまとめて解説をしてきます。

 

 

 

それではまず始めに国家資格と民間資格の違いについて理解していただくために、それぞれの資格の定義についてご紹介いたします。

 

国家資格

 

まずは国家資格の定義についてですが、国家資格とはその名の通り国が定めている資格のことを示します。

 

 

 

そのため国家資格を持っているということは、その人に特定の能力や知識というものがあるということを国から認められているということになるのです。

 

民間資格

 

一方で民間資格と呼ばれるものは、国ではなく一般的な企業や団体が定めている資格となります。

 

 

 

そのため民間資格を持っているということは、その企業や団体からある特定のスキルなどを保持しているということを認められているということになります。

 

 

 

これらの定義を見比べて見ていただければわかりますが、国家資格と民間資格と呼ばれるものの違いというのは、言ってみればそのスキルや能力などを認めているのが国であるのか、それとも民間の企業や団体であるのかということになるのですね。

 

資格を取得するメリット

 

それでは次に国家資格と民間資格のそれぞれの資格を取得するメリットについて解説をしていきます。

 

 

 

まずは国家資格を取得するメリットについてですが、国家資格の場合は先ほどもご紹介しました通り国がその技術や知識を認めているため周りからの信頼度が非常に高いということです。

 

 

 

そのため就職活動や転職活動の際にアピールすることで大きな強みになる可能性が高くなるのです。

 

 

 

また国家資格を保有している人の求人が多いため、将来的に見ても役に立つ可能性が高いということも1つのメリットになると言えます。

 

国家資格と民間資格の違いやそれぞれのメリットについて解説

 

それでは次に民間資格を取得するメリットについてですが、こちらの場合は資格の種類が国家資格と比べて多いということにメリットがあります。

 

 

 

しかし、民間資格の場合は認知度が低いものもあり、そういった資格の場合は就職活動などに役に立てることが出来ない可能性がありますので、受験の際には事前にしっかりと調査をしておくなどの対策が必要になると言えるでしょう。

 

 

 

ということで今回は国家資格と民間資格の違いを主なテーマとして解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

どちらの資格も取得する価値のあるものがありますので、しっかりと調査をした上で自分に合う資格を見つけ、実際に取得のために動いてみるのもよいかもしれません。