歯科医師の資格取得の為の無料資料取り寄せ

歯科医師の資格取得の為の無料資料取り寄せ

歯科医師の資格取得の為の無料資料取り寄せ

 

歯科医師の資格取得

 

歯科医師の資格には4つの種類があります。一つ目は登録医です。登録医とは、歯科医師として学会に登録をしている歯科医師です。特に認定などは受けていない医師です。

 

 

 

次に認定医師は、学会から認定されている歯科医師で、認定を受けるには学会による基準があり、臨床経験であったり、学会へ参加することや試験などを受ける必要があります。

 

 

 

次に専門医ですが、専門医は認定医よりも高い知識や技術、経験を持っている歯科医師で、こちらも学会から認定をされます。

 

 

 

専門医については学会だけではなく厚生労働省によって認められる資格があり、この場合は広告としても利用可能となります。

 

 

 

最後に指導医ですが、指導医は歯科医師の中でももっとも高い知識と技術や経験を持つ医師で、登録医や認定医、専門医に対して指導を行うことが可能な歯科医師です。

 

歯科医師になるには

 

そもそも歯科医師になる為には、歯科大学や大学の歯科学部に在籍し、卒業後に歯科医師の国家試験に合格して資格取得を行う必要があります。

 

 

 

歯科大学や大学の歯科学部は六年制となっており、卒業後の歯科医師国家試験に合格したあとは、1年以上研修を受けることで歯科医師となることができます。

 

 

 

歯科医師になるために通う歯科大学は、それぞれ大学によって無料で資料取り寄せを行うことができます。入学願書については有料となっています。

 

 

 

歯科医師になるための歯科大学や歯科学部には公立と私立がありますが、この大きな違いはかかる学費です。私立の方が公立に比べてかなり多くの学費がかかります。

 

歯科医師の資格取得の為の無料資料取り寄せ

 

よって、歯科大学は公立の方がかなり人気が高く、入学の競争率も高くなっています。実際にかかる費用は、公立なら400万円以下で済むところが多いですが、私立に関しては3,000万円近くかかると言われています。

 

 

 

近年、歯科医師や歯科医院はその数が増えすぎている傾向にあると言われています。

 

 

 

これ以上歯科医師を目指す学生が増えすぎてしまうと、歯科医師や歯科医院の飽和状態がさらに加速することを懸念して、最近は歯科医師の国家試験の難易度が上がっていますので、以前に比べて歯科医師の国家試験に合格するのは難しくなってきています。

 

 

 

また、歯科医師や歯科医院の増加に伴い、審美歯科をはじめとした独自のサービスを展開して集客をする歯科医師も増えてきています。

 

 

 

このように、ただ歯科医師であるというだけではなく、独自の技術やサービスによって生き残ろうとする歯科医師が増えてきています。
2017年現在