フードコーディネーターの資格取得の為の無料資料取り寄せ

フードコーディネーターの資格取得の為の無料資料取り寄せ

フードコーディネーターの資格取得の為の無料資料取り寄せ

 

フードコーディネーターの資格取得

 

フードコーディネーターとは、食品開発から店舗のプロデュースや食に関する様々なシーンで仕事をします。

 

 

 

いわば食のスペシャリストといっても過言ではありません。お店がマスコミや雑誌などに取り上げれる場合に、紹介されるメニューや料理をより魅力的に見せる為の演出を行ったり、時には料理を盛り付けるお皿などもフードコーディネーターがアドバイスします。

 

 

 

フードコーディネーターが活躍する場所いろいろあって、たとえばテレビ番組に出演して料理を作る方もいれば、雑誌をメインとしてレシピを考えたり、料理を作るフードコーディネーターもいます。

 

 

 

さらに、企業に勤めていてお店のプロデュースを中心とする方や、食品メーカーの新商品開発に携わるフードコーディネーターもいます。中には料理教室を運営したり講師をしたりという方もいます。

 

 

 

そもそもこうしたフードコーディネーターになるためには、特別な資格などは必要ありません。無資格でもフードコーディネーターとして必要な知識や技術を持ち合わせていれば、活躍することができます。

 

フードコーディネーターになるには

 

ただし、フードコーディネーターというからには食に関する知識と技術は必要不可欠ですので、フードコーディネーターになるには調理学校へ通って基礎的な技術や知識を身に付けることもプラスとなります。

 

 

 

栄養士であったり調理師などの技術、知識を持っていればフードコーディネーターとして将来仕事をする上で、それらの知識や技術を活かして働くことができます。

 

フードコーディネーターの資格取得の為の無料資料取り寄せ

 

また、そうした資格を持っていたほうが、フードコーディネーターとしての説得力も増します。フードコーディネーターになるのに資格は不要ではありますが、フードコーディネーターの資格は存在しています。

 

フードコーディネーターの資格

 

それは日本フードコーディネーター協会という団体が認定する資格です。フードコーディネーター協会の認定資格取得をすることができれば、堂々とフードコーディネーターと名乗ることもできます。

 

 

 

同協会では、フードコーディネーターの資格を3つに分けています。フードコーディネーター3級が一番低いランクで、基本的な知識を必要とします。

 

 

 

フードコーディネーター2級はフードコーディネーターのアシスタントとなれるレベルの内容です。そしてフードコーディネーター1級はプロのフードコーディネーターとして認められる資格です。

 

 

 

フードコーディネーター協会ではそれぞれの資格に関する講座を実施しています。これらの講座に関する無料資料取り寄せなどはありません。